女性用の安全靴の特徴と選び方

最近は工事現場などで働く女性が多いので、女性用の安全靴の需要も増えてきています。

女性用安全靴の特徴は足のサイズが小さめなものが多いですが、ファッション性も考えてデザインにこだわったものも沢山あるので人気です。本来の機能性は保ったまま、カラーバリエーションも豊富に揃えているのも女性に評判のいい理由でしょう。スニーカータイプの女性用安全靴はおしゃれなデザインのものが多く、普通のスニーカーに見えるのでおしゃれを楽しむことができます。

おしゃれなものは機能性に劣るのではないかと不安に感じる人もいますが、耐久性や防水性などの機能も優れているので安心です。インターネットや専門店で気軽に買えるのでとても便利です。女性用の安全靴を選ぶ場合は、立ったままの状態で靴に足を入れてみてフィット感を確認します。圧迫感を感じたりどこかに当たって痛いという場合はサイズが小さいので、もう一つ上のサイズを選ぶことが大事です。靴を履いたら紐を締めないで、足を前に移動させてみてください。踵に人差し指が入るようならサイズがあっていますが、入らないようならサイズを上げてみるといいでしょう。

靴紐を締めてみて、親指のくびれた部分に先芯の後端部がくるようならばサイズがぴったりです。足の一番広い部分と靴の一番広い部分が合っているかも確認することが大事ですが、この部分が合っていないと足の圧迫感を感じたり靴の中で足が動きやすくなるので集中して作業ができなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *