ハイカットの安全靴のメリットについて

安全靴とは一般的にくぎを踏んだり、物が落下してきても怪我をしないようにつま先部分や中底に金属や樹脂製のプレートを組み込んだ靴のことで、アッパーが繊維でできたスニーカーのような軽量でカジュアルなものからマウンテンブーツのように重厚な皮革製のものまでさまざまです。

いろいろなタイプがある安全靴ですが、ハイカットタイプのものにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず最初は足首部分に高さがあることで足だけではなく足首の高い位置まで保護してくれるだけでなく、履き口が高い位置にあるため、作業現場などで地面から巻き上げた小さなゴミが靴の中に侵入しづらいという点もあげられます。

他にも足首部分がしっかり固定されることで靴全体のフィット感に優れています。一般的にハイカットの方がローカットよりも重量がありますが、フィット感がない軽いものよりも、重たくてもフィット感があるものの方が疲れにくい場合もあります。

また、ねん挫など足首をひねることで起こる怪我の予防にも繋がり、冬場などの防寒性にも優れています。しかしながら、ハイカットの安全靴は着脱しづらいといったデメリットもありますので、気になる場合にはファスナーで開閉できるタイプのものがよいでしょう。

それ以外にも足首がロックされやすく車の運転などに不便さを感じることもあるので、試着の際にはしゃがんで足首を動かしてみるといったことも大切です。このような特徴からハイカットの安全靴は重作業に向いていると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *