自分に合ったハイカットの安全靴を選んで安全を得る

作業などを行う際は、靴に気を使う人は多いでしょう。

作業時に怪我をしないためにも、滑らないものや物が足に落ちてきたときに守ってくれる安全靴を履くことが重要です。ただ、安全靴を履いていれば安心なのかというわけではありません。自分の足に合った靴を選ぶことが、大事なことです。

安全靴に限らずどんな靴でも合ったものを選ぶことで、疲労の軽減や事故の防止に繋がります。選び方の基本は、普通に立った姿勢で足を入れ、指先から踵までの全体のフィット感を確認します。履いた際に、圧迫感があったり、一部分が当たって痛かったりする場合は、サイズを変えて再度試してみるのがいいでしょう。

普通に履いて試した後は、靴紐を締めたり締めなかった状態で確認することも大切です。まずは、締めないで足を前の先まで移動させ、踵に人差指が軽く入るかを確認します。次に靴紐を締め、親指のくびれた部分に先芯の後端部が届くかを確かめましょう。どちらも合致していなければ、サイズ変更をして最終確認し、自分に最適な靴を見つけることです。安全靴の中でもくるぶしまで覆うハイカットタイプのものを選べば、より安全性と疲労の軽減が図れます。

ハイカットは、足首が安定し捻挫などの予防効果があります。また、靴の中で足がつま先側にずれにくいため、足の指を痛めにくいことが利点です。安心して作業を進めるためにも、自分に合ったハイカットの安全靴を履くことはとても重要なことです。ただし、安全だからといっても、使い方には注意が必要です。滑りにくい靴底に加工されていますが、油や水の多い場所では気をつけなければいけません。また、衝撃や圧迫を受けた場合は、安全を期してその後は使用しないことです。選び方と使い方で、安全を得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *