安全靴には軽量タイプのものがある

安全靴といえば、中に金属が入っているので重いというイメージを持っているのではないでしょうか。

工事現場などでは重たいものを落としてしまって、足を怪我するということがよく起こります。足のつま先の部分は特に怪我をしやすいので、工事現場などで仕事をするときには安全靴がほぼ必須となっています。アルバイトの人でも、会社から支給された安全靴を履いているということが多いでしょう。会社が500円くらいで売ってくれることもありますが、レンタル代として毎月給料から引かれていることもあります。

レンタル代がかかるくらいならば、自分で購入したほうが安くつくのではないでしょうか。最近ではさまざまなタイプの安全靴が登場しています。動きやすさを重視したい人は、軽量タイプのものを選ぶとよいでしょう。軽量タイプのものでも、しっかりと足のつまさきを守ってくれるはずです。軽量だから性能で劣っているということはありません。技術の発達により、性能を劣化させずに重さを軽くすることが可能となりました。もちろん、商品によって性能はさまざまですので、目的や好みに合わせて選びましょう。

工事現場、建設現場、倉庫内作業などで安全靴を指定されることが多いですが、それ以外の仕事でも必要になることがあります。会社が指定をしていなくても、自主的に用意をしている人もいます。工場の仕事などでも、危険は存在していますので、軽量タイプのものを一足持っておくと安心ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *