これからの作業服は女子目線も重要になってきます

日本は少子高齢化が心配されていますが、少子高齢化はビジネス分野では人手不足につなかることになります。

科学の進歩により機械化とかロボット化が進められていますが、まだまだ人間の力は必要とされています。仕事にはデスクワークとか営業とかいろいろな業種がありますが、その中で機械化とロボット化が難しいと言われているのが現場で働く業種です。例えば、工場での作業とか外にでかけての工事など身体を使う業種では完全な機械化およびロボット化が行われるのはまだまだ先です。

そうなりますと少子化が進む中では当然人手不足が起こってきますが、それを補うために女子を活用する流れが出てきています。女子と言いますと「力仕事に不向き」というイメージがありますが、それこそ機械化やロボットの補助を受けて女子も工場や工事現場などでも仕事をする時代がすぐそこまで来ています。実際に、既に女子が働いている工務店もあるほどです。工務店は建築が仕事ですが、その現場で女子が活躍しています。

女性が現場に入るということは作業服も女性が着ることになりますが、今のところ多くのメーカーでは作業服には男女の違いはあまりありません。ですが、今後女性が増えることを考えますと女子用の作業服も開発する必要があります。
女性が活躍する社会が注目されていますが、それは工場や工事現場でも同様です。そうした流れを推し進めるうえでも女性用の作業服は大切になってきます。そのためには新しい視点で作業服を作ることが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *