作業員のニーズが高い安全靴の軽量化

安全靴の軽量化を実現する大きな理由としては、歩行しやすく、足腰に負担をかけない点が存在します。

以前の安全靴は軽量化には程遠く、鋼鉄が埋め込まれている点でそれだけ重量もかかり、歩いた時に重りを足に纏って歩いている状態に近いです。近年は安全靴は軽量化が当たり前とされている時代になり、それほど重量負担を意識せずに履けるタイプも数多く揃っています。

ホームセンターやネット通販でも重量が軽いことをキャッチコピーにして販売されることも多いです。なお軽いと動き回りやすい点と長時間労働の場合には、人体にとっても疲れにくいというメリットも存在します。

安全靴の軽量の目安としては二足で800g以下で、片足が400g以下であれば足の負担が減り疲れを感じなくなったりすることも多く、立ち仕事や動作が多い仕事などでも重宝される存在です。

そして二足で600g以下である場合、片足がたった300g以下となりますので、足に靴を履いているかどうかが解らない状態となり、歩くことを酷使する現場仕事でも推奨されることも多くなります。

現在は安全靴の軽量化以外にも、歩いた時の衝撃や蒸れを抑制する機能やデザイン性にも優れたタイプも見られるため、選択の幅も広がっています。おしゃれに拘る方でもデザインに優れたタイプも登場しているので、作業用の他にもファッション感覚でも履くことができるほどです。

しかも軽やかになったことで、男性だけでなく女性も履きやすいタイプの靴も多くなっており、女性向けの商品も沢山と登場しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *