建設現場でも重宝される安全靴の魅力とは

安全靴とは、建設現場などで作業を行う上で適した靴となり、足全体の保護を図る上でつま先部分などに鋼板を埋め込んでいる靴のことを言います。

例えば工具や材料などを落下した場合に運悪く足に直撃しても、衝撃や挟む込みなどを防ぐことが可能となり、安全に作業を行うことができるようになっています。また安全靴を履く魅力とは、丈夫な素材で出来ているため、摩擦などにも強く、型崩れを起こさないので履きやすい点もあります。

素材自体が破れにくい丈夫な素材だったり、化学薬品や業務用の油などを使用する現場でも使われることを想定し、耐油性に優れていたりします。かかとの部分を破れたりすることも少なく、また足裏も滑らない様に工夫を施した靴も多いです。

そのため安全靴とは、工事作業者が足元の安全を確保するための身の回りの必需品として、ユニフォームと同じ様な存在となります。安全靴を手に入れる方法とは、ホームセンターやネット通販などで多く見られ、軽量化や蒸れないタイプを売りにしている製品も存在します。

様々な種類のタイプもあり、ホームセンターでは2、000~3、000円程度の相場で販売されているため、入手しやすいです。他にも作業を行っていくと人体が帯電状態になることも多く、その場合には静電気を大地に逃がす効果を持つ靴も存在します。

事業者の作業を行う環境の整備の必要性からも環境面に配慮して、作業者に着用を義務化している現場もあり、現場労働者の安全な作業の実現のために履かれることも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *