新作の安全靴について

まず最初に安全靴とはどのようなものか説明します。

安全靴とは主に工事現場や重い機械等を扱う現場や、危険を伴う作業場、走ったり動き回る運動に適し、作業される着用者の足を保護することを目的とした靴のことです。先芯が入った安全靴にはJIS(日本工業規格)とJSAA(公益社団法人日本保安用品協会)が定めた2つの規格があります。

それぞれ安全性と耐久性を測る試験をし、JIS合格品を安全靴、JSAA認定品をプロテクティブスニーカーと呼んでいます。今回は、JIS合格品のほうです。次は、新作の安全靴の良さについて説明します。一つ目の説明は通気性が良いことです。

メッシュが多く取り入れられていて蒸れにくいです。汗をかいてもメッシュ部分の風通しがいいので、足が臭くなりずらいです。また水虫にも効果的です。二つ目は新作の靴は耐久性が高いことです。

靴はコンクリートや機械、石などの固いものに当たりやすいです。そのため接着面が傷みやすいです。そのため擦れても摩耗が少なくなるような素材を取り入れたりしているため、長く使い続けることができます。三つ目は長時間履いても疲れないことです。

新作の靴は作りがしっかりしているとか、中敷き(インソール)が足とあっていることが要因です。よくインソールだけが別売りされていたりします。クッション代わりになっているためです。このように、新作の靴には過去の靴にはないハイテク機能が含まれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *